転職先の人間関係をうまくいくコツ | 苦手な人とうまくやっていく方法






転職先の人間関係をうまくいくコツ

転職先の人間関係をうまくいくコツ転職すると、
人間関係は1からになりますので、
緊張やストレスの日々が続くかもしれません。

できるだけ人間関係を良好に保つためには、
いくつかのタブーがありますので、注意しましょう。

まずは、
前の職場の話は良いことも悪いことも、
聞かれることがない限り、
できるだけしないようにするということです。

前の職場では通じることでも
転職先では通じなかったり、
「前の会社ではこうだった」ということができなかったり
というのはよくあることです。

前の職場の話は、
聞かれない限り先頭に立って言うのは止めましょう。

また、今の職場の製品や手腕、ノウハウなどの批判は、
絶対にしないようにしましょう。

前の職場で効率の良いことをやっていても、
転職先の職場は環境も違いますし、
それまでのプロセスは自分自身は見ていませんので、
言うべきことはありません。

肯定的なことは言っても構いませんが、
特に否定的な意見は反感を買う恐れがありますので、
気をつけて下さい。

そして、転職先では
自分を良いと思って採用してもらった人がいるわけですから、
自分を否定するような事も避けたほうがよいでしょう。

自分が謙遜で言ったことでも、
それを採用した採用者にも関わってきますので、
タブーなこととしてよく言われます。

その他、転職先のことを悪く言う人がいても同調しない、
年下だからといって入社した日が早ければ、
タメ口を言わないなど、
社会人としてのマナーも
転職先では問われるということを忘れないで下さい。